Record purchase navi どうやって売る?どこに売る?レコード買取ナビ

高額でレコード買取をしてもらうコツとは?おすすめ専門店を紹介

おすすめのレコード買取ショップ【山形編】

山形県にも音楽愛溢れるお店が随所に見られます。レコードの買取を行っているお店も多くはありませんがあります。しかし県内とは言え点在しているので、遠くて行くのは難しい場合もあるでしょう。

そこで、そのような買取店もご紹介しつつ、全国対応で宅配買取や出張買取を行っている買取専門店もご紹介。音楽が生活に浸透しているエリアですが、レコード店は多くありませんので三重県でレコードを売りたい方におすすめです。

山形県でおすすめのレコード買取ショップ3選

今回紹介するショップは「ゴールドワン」「BISCUIT RECORDS」「なんだ屋」の3店舗。

地域に根付いたお店から、全国対応の買取専門店まで山形でレコード買取ができるお店です。気になった方はぜひ直接問い合わせをしてみてください!

ゴールドワン

酒田店、鶴岡店、山形店と山形県内に3店舗を構える買取専門店。宝石、貴金属やブランド品などをメインに買取を行っていますが、それ以外にも幅広く対応しており、アナログレコードの買取実績もあります。

レコード買取専門店ではありませんので、マニアしか知らないようなレコードの価値を見極められるかは正直難しいかもしれません。しかし、レコード業界で誰もが知っているようなレアものならば高価買取のチャンスがあります!

ゴールドワンの口コミ

口コミはありませんでした。

住所 山形店:山形県山形市下条町2丁目18-12
営業時間 10:00〜19:00
得意ジャンル HPに記載ありませんでした。

BISCUIT RECORDS

山形市十日町に店舗を構えているレコード店・BISCUIT RECORDS。店内に一歩足を踏み入れば所狭しとレコードが並んでいます。当店の品揃えはブラックミュージックがメインだということ。ヒップホップ、ディスコ、ソウル、ジャズなども強いところが特徴です。

買取品目も幅広く、MIX CD、CD、DVD、カセットテープ、そしてバンドTなどの衣類、フィギュア、雑貨なども買取可能。持ち込み買取はもちろんのこと、宅配での買取もしています。

宅配買取の場合はHPにある問い合わせ部分から、買取して欲しい商品のタイトル情報をメール。数日後にざっくりした査定額の返事がありますので、その査定額がOKならば発送という流れです。

店主は音楽愛が強く、あなたが大切にしていたレコードもこの人なら預けられると思えるような方。山形の音楽文化の活性化も目指しており、レコードだけじゃなく山形のインディーズのアーティストの自主音源、CD、Tシャツ、DVD、ハンドメイドのものなども店頭で販売しています。

BISCUIT RECORDSの口コミ

口コミはありませんでした。

住所 山形県山形市十日町4-3-13 2F
営業時間 12:00 〜 23:00 ※火曜定休
得意ジャンル HIP HOP CLASSIC/UNDERGROUND HIP HOP/JAZZY HIP HOP/JAPANESE HIP HOP/R&B/UK SOUL/ACID JAZZ/NEW JACK SWING/JAPANESE R&B/メインストリーム/ERECTRO/BREAKBEATS/エレクトロニカ/DOWNTEMPO/CHILLOUT/HOUSE/FUTURE JAZZ/SOUL/RARE GROOVE/JAZZ...

なんだ屋

2001年にスタートした楽器・古本の買取・販売店。駄菓子屋も併設している面白いお店です。音楽愛がある店主は楽器の取り扱いだけにとどまらず、近年はレンタルスタジオもオープン。特に地元のバンドマンを応援しているようです。

ギターなどの楽器にとどまらずレコードの買取も行っています。音楽への造詣も深く、店頭に並んでいるレコードもかなりマニアックな品揃え。あなたのこれぞ!という1枚を持ち込めばきっと嬉しい評価をしてくれるはず。

買取は持ち込みだけじゃなく宅配でも可能。また、山形県内ならば、商品によっては出張買取もやっているので、出張買取希望の方は一度問い合わせてみるといいかもしれません。

なんだ屋の口コミ

参照:Google Map

  • 音楽付きが集まるお店でメインは新品・中古のギターの取り扱い。隣にはスタジオもありライブなどを開催もしています。レコードの取り扱いもしており品揃えは絶妙にマニアックですね。みているだけでも面白いお店です。
住所 山形県鶴岡市錦町11-12 吉田ビル内1F
営業時間 平日:14:00~20:00 土日祝:11:00~20:00
得意ジャンル 記載はありませんでした。

山形県の音楽とレコード事情

山形県は大きいフェスこそありませんが、音楽祭や地元を盛り上げようと開催しているインディーズのロックフェスなどローカルフェスが所々で開催されています。

東北四大まつりのひとつとして有名な山形花笠まつり。その祭りで踊られる花笠音頭は山形県を代表する民謡です。

山形県は峯田和伸、小林武史など有名な音楽家を輩出。子供の頃から音楽に多く触れることができる環境が山形にあるのかはわかりません。しかし、花笠祭りの花笠音頭しかり音楽文化が深く根付いている可能性があります。

山形県のアーティスト

峯田和伸(銀杏BOYZ)

前バンドの解散を機に2003年からパンクロックバンド・銀杏BOYZのボーカルとして多くのファンを魅了してきたアーティスト・峯田和伸は山形県東村山郡山辺町の出身。近年はNHKの大河ドラマや民放のドラマ、映画などに出演し俳優としても活躍しています。

銀杏BOYZとしては2007年から今まで11作品のアナログレコード盤をリリースしています。

小林武史

音楽プロデューサーである小林武史は山形県新庄市の出身。近年ではMr.Childrenのプロデューサーとして有名で数々のヒット曲、ヒットグループを世に出してきました。それ以前にも80年代から小林武史は多くのアーティストの楽曲を作曲・編曲、演奏者などで活躍されています。

2017年にプロデューサー活動30周年を迎え、近年のプロデュース作品をまとめたアルバムをリリースし、同年にそのアルバムのアナログレコード盤もリリース。このレコードは180グラムの重量盤仕様で、音質にできる限りこだわって作られたようです。

アーティストのプロデュース以外にも映画音楽も手掛けているなどまさに多才。小さい時から多くの洋楽を聞いて育ったとのことで、山形県にも昔から洋楽ファンとして目覚める土壌があったのかもしれません。

阿部義晴(ユニコーン)

ロックバンド・ユニコーンのキーボードを務める阿部義晴は山形県山形市の出身です。正式加入して初めてのシングルが大ヒット曲の「大迷惑」。1993年にユニコーン解散後はソロ活動の傍、プロデューサー業でも活躍されています。

ユニコーン復活後の2019年にリリースしたニューアルバム「UC100W」は、限定生産でアナログレコード盤も発売されました。

岸洋子

1935年生まれ、山形県酒田市出身のシャンソン歌手である岸洋子。「夜明けのうた」「恋心」「希望」とヒット曲を連発し、NHK紅白歌合戦にも7回出場するなど幅広く活躍されています。

子供時代には酒田市には元宝塚歌劇団の声楽教授だった加藤千恵氏の「酒田ボーカルスクール」へ。そこで歌唱のレッスンを受けられたようです。

シャンソン歌手として一時代を築いた岸洋子のアナログレコードは、いまだにシャンソン好きの間で取引されています。

佐藤晴美(E-girls)

E-girlsのダンサーとして活躍している佐藤晴美も山形県の出身。ダンサー以外にも、2013年から2019年まで女性ファッション雑誌「Ray」の専属モデルとして活躍しています。

E-girlsはアナログレコードをリリースしていませんが、周年記念などの際に新曲のリリースと同時にアナログレコード盤の発売を期待したいところでしょう。

実際に査定してみた!レコード高価買取ランキング
1位
エコストアレコード
エコストアレコード公式HP画像_共通パーツ

5枚買取金額10,850円

2位
ディスクユニオン
ディスクユニオン公式HP画像_共通パーツ

5枚買取金額9,600円

3位
HMV
HMV公式HP画像_共通パーツ

5枚買取金額9,396円