Record purchase navi どうやって売る?どこに売る?レコード買取ナビ

高額でレコード買取をしてもらうコツとは?おすすめ専門店を紹介

ハードロック

音楽ジャンルであるロックの一種にあたるハードロック。もともとは海外で流行したジャンルで、徐々に世界中へ広まっていき、日本にも輸入されました。ハードロックが好きでレコードを持っている方は数多くいると思いますが、買取価格がどれぐらいなのかわからないもの。

ここでは、ハードロックのレコード買取相場についてまとめています。実際に買取された事例も紹介しているので、レコードを売る際の参考にしてください。

レコードの買取価格例リスト ハードロック編

WARPIGの「WARPIG(CANADAオリジナル)」は10,000円、ATOMIC ROOSTERの「DEATH WALKS BEHIND YOU(UKオリジナル)」は15,000円です。また、BUFFALOの「VOLCANIC ROCK(オーストラリアオリジナル・ポスター付・オージーHARD・73年2nd)」は22,000円、METALLICAの「メタル・マスター(帯付・国内ライナー付・ピンナップ×2・日本盤)」は6,000円といった買取事例があります。ほかにも、ハードロックアーティストのレコード買取事例を下記にまとめているので、参考にしてください。

ハードロックのジャンルとアーティスト

アーティスト/タイトル 買取相場
WARPIG/WARPIG 10,000円
DEATH WALKS BEHIND YOU/DEATH WALKS BEHIND YOU 15,000円
BLACK SABBATH/HEAVEN AND HELL 15,000円
BLUE CHEER/VINCEBYS ERUPTUM 20,000円
BUDGIE/BUDGIE 20,000円
BUFFALO/VOLCANIC ROCK 22,000円
CACTUS/CACTUS 25,000円
DEEP PURPLE/CONCERTO FOR GROUP AND ORCHESTRA 12,000円
GINHOUSE/GINHOUSE 30,000円
GRANICUS/GRANICUS 8,000円
HATE/HATE KILLS 8,000円
HIGH TIDE/SEA SHANTIES 30,000円
HORSE/HORSE 25,000円
JAMES GANG/RIDES AGAIN 3,500円
JODO/GUTS 22,000円
KILLING FLOOR/OUT OF URANUS 45,000円
KISS/KISS 8,000円
MOTORHEAD/MORTERHEAD 50,000円
MOUNTAIN/CLIMBING! 5,000円
NAZARETH/HAIR OF THE DOG 8,000円
OZZY OSBOURNE/BLLIZARD OF OZ 15,000円
PUSSY/FELIVE WOMAN 10,000円
RICHIE BLACKMORE/GETAWAY 35,000円
RONNO/4TH HOUR OF MY SLEEP 12,000円
RUSH/RUSH 40,000円
THE SHAME/DON'T GO 'WAY LITTLE GIRL 12,000円
THIN LIZZY/THIN LIZZY 25,000円
THREE MAN ARMY/A THIRD OF A LIFETIME 12,000円
TUCKY BUZZARD/COMING ON AGAIN 25,000円
HELLOWEEN/WALLS OF JERICHO 4,000円
METALLICA/メタル・マスター 6,000円

ハードロックとは

ハードロックは、エレクトリックギターを中心としたロックサウンドの種類のひとつ。ブルースやブギをベースにした激しい音楽です。1960年代後半にはほぼ確立した演奏スタイルで、絶叫するボーカルと強烈なビートが特徴。ギター音をエフェクターで歪ませたサウンドや、大音量によってアンプからの出力音が歪んでしまうオーバードライブ状態にするスタイルが一般的と言われています。曲の中盤や終盤にギターソロの時間を作るのもハードロックの特徴です。

初期はサイケデリック・ロックや、ブルース・ロックを融合させた形態でスタートし、1970年代初頭には「ハードロック」という名称が定着しました。ハードロックで有名なアーティストとして挙げられるのが「レッドツェッペリン」「ブラックサバス」「グランド・ファンク・レイルロード」「ディープパープル」など。そのなかでもレッドツェッペリンやブラックサバスがハードロックの典型的なスタイルとされています。

ハードロックとヘヴィメタルの違いについて

ハードロックとヘヴィメタルの違いは主に「リズムの持つニュアンス」「ギターの刻む量」「歌詞のテーマ」の3つ。ハードロックのリズムは黒人が好きなタメをきかせた8ビートが基本なのに対し、ヘヴィメタルは重量感のあるリズムが刻まれます。

ハードロックとヘヴィメタル両方とも曲がギターのコードによる進行が中心に構成されていますが、ヘヴィメタルは細かい刻みがたくさん入っているのでサウンドの隙間が少ないという特徴が挙げられます。

ハードロックはラブソングに用いられるような歌詞をはじめ、欧米の若者が持つ「ストリート感覚」に根付いた詩を持つ曲を演奏することが多いです。一方ヘヴィメタルは歴史やファンタジーをモチーフにした歌詞が多く、重いテーマの社会問題を取り上げて世の中に警鐘を鳴らすようなスタイル。パンクロックのように単なる反抗の叫びをするのではなく、相手を威圧するような姿勢を示すのでよりシリアス感が強いです。

ハードロックはどこで売ったほうがいい?

レコードを売るにはおもに下記3つの方法があります。

  1. レコード販売や買取をしているお店で売る
  2. ネット上でのみレコード販売や買取をしているお店で売る
  3. 自分でネットオークションやフリマアプリを使って売る

それぞれメリット・デメリットがあり、レコードショップで売る場合は自分で店舗まで行く手間はかかりますが、査定額の詳細が聞けたり、売れないレコードの処分ができたりとメリットのほうが多いです。

ネット上でレコードを売る場合は、店舗へ行かずにレコードを買い取ってもらえます。ですが査定する人の顔が見えないため、しっかり査定してもらっているのかわからないといった不安を持ちやすいのがネット買取のデメリットです。

ネットオークションやフリマアプリだと、人気のレコードは高額で売れるのが魅力。しかし、売れないレコードは安い金額にされたり、まとめて査定されたりして売られることが多いです。

ハードロックは名盤のレコードが多く、高値が付くものが多数存在します。そのため、しっかりと査定してくれるお店に出すのが1番安全で確実と言えるでしょう。

ハードロックのレコードが高くなる条件

ハードロックのレコードの買取を行っているショップでは、買取アップのキャンペーンが定期的に開催されます。高価買取アイテムが出てくるので、キャンペーンが開催される期間を狙うと高く売ることが可能です。

自分が売りたいレコードが対象になっていない場合がありますので、ショップの公式サイトでしっかり確認しておくと◎。いくつかのショップの買取価格を比較してみるのもおすすめです。

また、帯付き・国内ライナー付き・インサート付き・ジャケット付きといったレコードは買取価格が高くなる傾向があるため、レコードの付属品は大事にとっておきましょう。

実際に査定に出すことでわかる価値

レコードを査定するポイントは多く、実際に査定に出してみないと価値がわかりません。ジャンルによってレコードの価値観が異なりますし、アナログ盤・LP版・再販版とかでも価値は違います。ショップによって査定価格に大きな差が出る場合も。自分が持っているレコードを高額で買い取ってもらうには、しっかりと査定してくれるショップの見極めが大切です。

いくつかの買取ショップをピックアップしているので、レコードを売る前に買取価格が高いところをチェックしておきましょう。

>>実際に依頼してみた!!レコード買取ショップの査定結果がコチラ

ジャンル別で相場はちがう?

レコードでもジャンルごとに相場は大きく違います。 そのジャンルによって、価値が付くポイントやプレミアがつきやすい年代も変わることから、複数のジャンルのレコードの買取を検討している方はぜひ確認してみてください!

>>レコードで高く売れるジャンルはこれ!ジャンル別の相場の確認はコチラから

実際に査定してみた!レコード高価買取ランキング
1位
エコストアレコード

5枚買取金額10,850円

2位
ディスクユニオン

5枚買取金額9,600円

3位
HMV

5枚買取金額9,396円