Record purchase navi どうやって売る?どこに売る?レコード買取ナビ

高額でレコード買取をしてもらうコツとは?おすすめ専門店を紹介

デヴィッド・ボウイ

2016年1月に「20世紀でもっとも影響力があるアーティスト」と呼ばれたデヴィッド・ボウイが亡くなりました。その後、彼のレコードはコレクターにより買い占められ希少価値が非常に高くなっています。

レコードの価値が見直され買取価格が高騰している今こそ、レコード売るチャンスです。昔買ったデヴィッド・ボウイのレコードがある方は必見です!

デヴィッド・ボウイのレコードの価値が高くなる条件

帯や付属品が揃っている事

帯は日本のレコード独自の文化でキャッチフレーズなどが書いてあるものです。レコードではジャケットについている細い紙を総称して「帯」と呼んでいます。

デヴィッド・ボウイは海外のアーティストですが国内生産盤のレコードには帯がついていました。

レコードを売る際は帯が無いとそれだけで買取価値が下がってしまいますので要注意です。また、破けてしまった箇所をテープで修正してしまうと価値が下がってしまいますので注意しましょう。

もし、レコードを購入した時に付属品や解説書がついていた場合はそれも一緒に買取査定に出します。これらも汚れやシワが無く綺麗に残っていると価値が高くなります。

レコードの査定は減点方式の為、何か一つでも欠けているとそれだけ価値が下がってしまいます。あまり見かける事はありませんが、未開封のレコードであれば一番いい状態としての評価で査定を出して貰える可能性が非常に高いです。

希少価値が高い物

デヴィッド・ボウイは没後コレクターがLP盤を買い占めたため、非常に希少価値が高くなっています。それに加えて、現在レコードの価値が見直され、需要が高まっているため、人気の高いレコードの買取価格は40万円を超える場合もあります。

希少価値が高く帯や付属品が揃っているもの、直筆のサインが入っている、または未開封の状態の物などは買取査定が高額になる可能性が非常に高いです。

傷や汚れが無い事

デヴィッド・ボウイのレコードに限った事ではなく、どんなレコードでもできる限り新品に近い状態で査定に出すのがレコードを高く買い取ってもらうコツです。

ジャケットにシワや目立った汚れが無い、レコード本体に傷が無いなど、より新品に近い状態の方がレコード買取価格が高くなります。

デヴィッド・ボウイのレコードは最初に発売されたのが50年以上前になりますので、埃や細かい傷がついている可能性があります。レコード買取価格をなるべく引き上げるためには、なるべく目立つ汚れなどは取り除き手入れがされている状態にするのがポイントです。

ただし、専用の道具が無い場合はレコードに傷をつける可能性もあるので、クリーニングの際は慎重に行なう事が重要です。うっかり傷をつけないように注意しましょう。

また、ジャケットや帯が破けてしまっている場合は、テープなどで補修はせずに、そのまま査定に出します。補修されているものは買取価格が下がってしまう要因になりますので注意が必要です。

デヴィッド・ボウイレコードの高価買取価格例

タイトル 買取相場
SAME / DERAM DML 1007 | UK-ORIGINAL / STEREO 120,000円
この世を売った男 / 日本フォノグラム SFX-7345 | 国内盤 ''DO IT ROCK帯付き / ライナー 450,000円
スペイス・オダティー / ビクター SFL-1244 | 国内盤 350,000円
冷たい炎 / フィリップス SFL-1277 | 国内盤 300,000円
"The Man Who Sold The World" US盤 100,000円

レコードの中古市場の現状

デヴィッド・ボウイは1960年代後半から1980年代に活躍したロックミュージシャンです。グラムロックの先駆者として台頭し、世界的な名声を得ました。音楽だけでなく、役者としての才能も認められ、映画にも多数の出演を果たしています。

没後、世界中でデヴィッド・ボウイのレコードがコレクターにより買い占められた事により、あっと言う間にデヴィッド・ボウイのレコードは希少化する事となりました。

特に「Station To Station」や「ジギー・スタンダード」「ヤング・アメリカン」は人気があります。帯付きの美品であれば、かなりの高額査定が付くでしょう。

デヴィッド・ボウイのレコードの歴史

デヴィッド・ボウイは1964年に「ディヴィー・ジョーンズ・アンド・ザ・キング・ビーズ」という名義で最初のシングル「リザ・ジェーン」を発表しています。

しかし、しばらくの間ヒットには恵まれず、何度か名前を変えながら1966年にリリースしたシングル「Do Anything You Say」からデヴィッド・ボウイと言う名義を使用し始めました。

1969年、アポロ11号の月面着陸に合わせて発表された「スペイス・オディティ」をリリースし、全英チャート5位、全米チャート15位を獲得、一躍人気ミュージシャンの仲間入りを果たします。

1960年代から人々を魅了しつづけたデヴィッド・ボウイは、自分を固定された一つのスタイルに縛り付ける事はせず、様々なジャンルにわたる大胆な音楽性の変化を繰り返していました。ファンを失う事を恐れずに自分の可能性を常に探求し続け生涯に渡り、貪欲で前衛的な創作を続けたデヴィッド・ボウイは1970年代、1980年代以降のアーティストに様々な影響を与えています。

デヴィッド・ボウイは2016年1月10日、自身の誕生日の2日後に18か月の闘病の末この世を去りました。遺作となったアルバム『★(Blackstar)』は全米チャート1位を獲得し、2017年にはグラミー賞で最多5部門を獲得しました。

『20世紀で最も影響のあるアーティスト』と称されたデヴィッド・ボウイは、没後も人々を魅了し続けています。

実際に高く買ってくれるショップは?

デヴィッド・ボウイのレコードは希少価値が高く、市場にあまり出回っていないものであれば高値が付く可能性が非常に高いです。

特に買取を強化しているショップであれば、デヴィッド・ボウイのレコードのタイトルと価格を明示している場合もありますので、手持ちのレコードに該当するかしっかりチェックする事をお勧めします。

しかし、いくらデヴィッド・ボウイのレコードが高額で買取りされる可能性が高いといっても、買取価格はショップによってさまざまです。中にはレコードその物の価値を見ずに量り売りのような状態で査定を行なう所もありますのでくれぐれも注意しましょう。

実は、レコードの査定はバイヤーがその価値を見極められるかどうかで大きく値段が変わってきます。高くレコードを売りたいと思ったら、まずは高額でレコード買取を行なっているショップを見極める事が一番のポイントとなります。

もし近くにレコードの査定を行なってくれるようなショップが無いと言う場合でも大丈夫です。今はインターネットから査定の依頼が出来るだけでなく、ショップから梱包用のダンボールを送付してくれ送料無料でレコードの査定をしてもらう事ができます。

忙しくて時間が無い、レコードの量が多いとお悩みの方でも安心してレコードの買取を依頼する事が可能です。

せっかくレコードを売るなら、少しでも高く買い取って欲しいもの。当サイトでは、実際に5枚のレコードを査定に出して買取金額の比較を行なってみました。驚くことに最大で10,825円もの差が出ています。

レコードを高く買い取ってくれるレコードショップをランキングにしているので、ぜひ参考にしてくださいね。

>>実際に査定してみた!一番高く買い取ってくれたショップはココ

実際に査定してみた!レコード高価買取ランキング
1位
エコストアレコード

5枚買取金額10,850円

2位
ディスクユニオン

5枚買取金額9,600円

3位
HMV

5枚買取金額9,396円