Record purchase navi どうやって売る?どこに売る?レコード買取ナビ

高額でレコード買取をしてもらうコツとは?おすすめ専門店を紹介

テレヴィジョンのレコード

このページでは、Television(テレヴィジョン)の中古レコードについて解説しています。カルト的な人気を博したテレヴィジョンのレコードは今も高額で取引されている可能性があります。まずはどのアルバムの市場価値が高いか、本記事でしっかりとチェックしておきましょう。

その他洋楽レコードの買取相場価格まとめはこちらから

テレヴィジョンのレコードの価値が高くなる条件

テレヴィジョン日本公式HP

テレヴィジョン日本公式HP(https://wmg.jp/television/)

「マーキームーン」のオリジナル盤

テレヴィジョンのなかでも高額で取引されているのは、アルバム「マーキー・ムーン」です。1977年に発売された彼らのデビュー作でもあります。音楽的に高い評価を受け、テレヴィジョンというバンドが有名になるきっかけにもなりました。

このアルバムは、おもにオークションサイトで取引されているようです。US原盤などになると1万円を超える価格で取引されているケースもあり、数多くの出品がみられます。

国内盤で帯がついており、状態が良好なものは4,000円前後で取引されています。基本的に、洋楽レコードは海外で販売されたオリジナル盤が高額になる傾向があるということを覚えておきましょう。

テレヴィジョンのレコードの高価買取価格例

オークションサイトなどで頻繁に取引されているのは、アルバム「マーキー・ムーン」。国内盤帯付きであれば3,000円ほどで買取をおこなっている業者がいます。また、「ヴィーナス」というアルバムは3万円ほどの値段がつくこともあります。

タイトル 買取相場
ヴィーナス 30,000円
マーキー・ムーン 3,000円

テレヴィジョンのレコードの中古市場の現状

テレヴィジョンは活動期間が短かったこともあり、あまり多くのアルバムは発表されていません。それだけに流通量が少なく、原盤の価値は今後も高まる可能性が考えられます。

レコードの価値はアーティストの知名度によっても大きく変わりますが、テレヴィジョンの人気は今も健在なようです。2013年には結成から40周年を記念し、「マーキー・ムーン」が限定で再販されています。また、レコード業界自体の売り上げも回復傾向にあるため、今後レコードブームが起こる可能性もあるかもしれません。

テレヴィジョンのレコードの歴史

テレヴィジョンは1970年代に活躍したバンドです。ニューヨークでアート趣向の強いリスナー層に熱い支持を受け、1977年に発表された「マーキー・ムーン」は高く評価されました。アメリカのほか、イギリスでも人気のあるバンドです。2枚目の作品「アドヴェンチャー」を発表後に解散しますが、後に再結成もしています。

結成記念として今でも再発盤が出るほど人気があるため、当時のレコードをお持ちであればくわしく査定をしてみることをおすすめします。

日本盤のレコードの価値

日本盤レコードは海外でも人気があることを知っていましたか?海外で開催されるレコードフェアでは日本のレコードをジャンル分けして紹介しているところも多く、一部のコレクターから根強い人気があることがわかります。それだけ、日本盤レコードの帯のデザインは独創性が高く、海外盤とは違った味わいがあるのですね。

テレヴィジョンの国内盤で帯がきれいな状態で残っているのであれば、それだけで商品価値が高まります。そのため、洋楽レコードで日本盤を持っている方は、必ず帯やジャケットも大切に保管しておきましょう。

実際に高く買ってくれるショップは?

中古レコードを高く買い取ってもらうには、レコードの価値を把握しておくだけでなく、レコード買取業者の見極めも大切です。せっかくレアなレコードを持っていても、買取側がその価値を判断できなければ安い価格で取引されてしまうことも。必ず、レコードショップが得意なジャンルを確認してから査定を依頼するようにしましょう。ひとつでなく、いくつかの業者にみてもらうことも大切です。

実際に査定してみた!レコード高価買取ランキング
1位
エコストアレコード
エコストアレコード公式HP画像_共通パーツ

5枚買取金額10,850円

2位
ディスクユニオン
ディスクユニオン公式HP画像_共通パーツ

5枚買取金額9,600円

3位
HMV
HMV公式HP画像_共通パーツ

5枚買取金額9,396円