Record purchase navi どうやって売る?どこに売る?レコード買取ナビ

高額でレコード買取をしてもらうコツとは?おすすめ専門店を紹介

出張買取に来てほしい!

出張買取とは、レコードショップのスタッフが直接商品を査定・買取に来てくれるサービスです。出張サービスに対応したおすすめの5店を紹介します。

便利な出張買取店を選ぶときのポイントとは

自宅や事務所までスタッフが来てくれるので、レコードを持ち運ぶ手間を省ける出張買取。レコードは大きくて重さもあるので、直接買取に来てくれたらとても便利ですよね。

しかし、出張サービスの利用前には、「出張費用」「買取方法(即現金化できるか)」「出張条件(対応地域・処分費用・レコードの最低買取枚数など)」といったポイントを押さえておきましょう。以下に、出張サービスに特化したおすすめショップをピックアップしてみました。

出張買取をしてくれるおすすめショップ5店

エコストアレコード
エコストアレコードの公式HPキャプチャ
公式HPはコチラ>
出張費用 無料
買取方法 その場で査定し即現金化。鑑定歴20年以上のスタッフが査定してくれる。
出張条件 LP盤200枚~(条件による)
買取品 レコードだけでなく、オーディオ機器・楽器も買取可能。買取不可アイテムも無料で処分してくれる。
対応エリア 東京・埼玉・神奈川・千葉・茨城・群馬・栃木(都心エリアなら即日対応も可能)

ディスクユニオン
ディスクユニオンの公式HPキャプチャ
公式HPはコチラ>
出張費用 有料(但し、無料キャンペーンも随時開催中)
買取方法 スタッフがレコードを一度回収し、後日、査定額が記載された明細が送られてくる。売却金は口座振り込み。
出張条件 CDは500枚、レコードは1000枚以上が目安
買取品 レコード・CD
対応エリア 全国

宅音便
宅音便の公式HPキャプチャ
公式HPはコチラ>
出張費用 要問合せ
買取方法 専門スタッフが訪問し、整理・梱包・査定・回収まで対応。即現金化も可能。
出張条件 店舗のある神戸市近郊なら少量でも対応可。
買取品 レコード・CDの他、カセットテープ・雑誌・ポスターなど音楽関連グッズ全般に対応。
対応エリア 基本関西圏だが、買取品次第で全国出張も可能。

ココナッツディスク
ココナッツディスクの公式HPキャプチャ
公式HPはコチラ>
出張費用 無料
買取方法 その場で査定し即現金化。
出張条件 要問合せ
買取品 レコード以外にも、オーディオ機器・DJ機材・楽器なども買取可能。
対応エリア 要問合せ(店舗は東京都内)

レコファン
レコファンの公式HPキャプチャ
公式HPはコチラ>
出張費用 無料
買取方法 スタッフがレコードを一度回収し、後日、査定額が記載された明細が送られてくる。売却金は口座振り込み。
出張条件 CD・DVDは200点~、レコードは300点~
買取品 レコード以外にも、オーディオ機器・DJ機材・楽器なども買取可能。
対応エリア 全国

出張買取の注意点

出張買取をお願いするとき、最もネックになるのは出張条件です。「出張するにはレコード○○枚以上が条件」という会社がほとんどで、多くは数百枚単位でないと対応してくれません。

エコストアレコードのように、少量からでも利用出来るショップが便利です。同社ではレコード以外のものも買取可能ですので、内容や交渉次第で柔軟に対応してくれそうです。

また、出張買取はスピーディーな対応も重要です。依頼から実際の訪問まで数日かかったり、査定や現金化は後日という店は、利用者からすると少々面倒です。また、買取をキャンセルする場合の返送料金は、ほとんどの場合は依頼主の負担になります。事前にどれくらいの価格になりそうか、まずは店舗に相談してから利用するようにしましょう。

事前の予約を忘れずに

出張買取は予約が必要なところが多いので、必ず事前に予約をしたうえで査定をお願いしましょう。もし当日にキャンセルをした場合、キャンセル料が発生することもあるため注意してください。出張買取は必ず、売却希望者の立ち合いのもとで行われます。「玄関先に置いておきます。勝手に査定してください」といった依頼は受け付けてくれませんので、あらかじめ念頭に入れておいてください。

出張条件を確認する

出張買取をお願いするとき、最もネックになるのは出張条件です。「出張するにはレコード○○枚以上が条件」という会社がほとんどで、多くは数百枚単位でないと対応してくれません。エコストアレコードのように、少量からでも利用出来るショップが便利。同社ではレコード以外のものも買取可能ですので、内容や交渉次第で柔軟に対応してくれそうです。

できるだけ近所の業者に依頼する

あまりにも距離が遠い場合だと査定を断られたり、交通費を別途請求されたりします。査定に出したいものが特殊なもので、どうしても遠方の業者でしか買い取ってくれない場合にのみに利用すると良いかもしれません。その場合、インターネット査定や郵送買取といった方法もあるので、便利に活用していきましょう。

押し買い業者に要注意

売りたくないものを無理やり買い取っていくことを「押し買い」といいます。最近では、押し買いによる被害報告が国民生活センターにたくさん寄せられているようです。押し買い業者は飛び込みで営業をかけて、「高値で不用品を買い取ります」と話を持ちかけてきます。その買取額は相場よりかなり低め。どうしても売りたいものがあっても、飛び込み営業をかけてくる業者には依頼しない方がおすすめです。

迅速な対応をしてくれるか確認

また、出張買取はスピーディーな対応も重要です。依頼から実際の訪問まで数日かかったり、査定や現金化は後日という店は、利用者からすると少々面倒です。また、買取をキャンセルする場合の返送料金は、ほとんどの場合は依頼主の負担になります。事前にどれくらいの価格になりそうか、まずは店舗に相談してから利用するようにしましょう。

店頭買取との違い

出張買取と店頭買取の違いとして、出張買取のメリットとデメリットをいくつかご紹介します。

出張買取のメリット

なんといっても重い荷物を持って店頭に行かずに済むことが、出張買取のメリットではないでしょうか。また、家から店舗が遠かったり、査定に出したいものが多かったりといった方におすすめのサービス。大掃除や引っ越しの際に、買取業者が一度に何点も家から運んでくれるのは助かります。交通費もかからないので、こちらが損をすることはありません。不要なものを現金化でき、整理整頓が行なえるので一石二鳥ですね。

出張買取のデメリット

出かけるついでに査定をしてもらえることや買取をしてもらうという手軽さはありません。出張買取の約束の時間まで家にいなくてはいけなく、査定するものをまとめたりと準備の時間が必要になります。玄関先で査定をしてもらう場合は、ある程度家の見える範囲を掃除しておくなど、気になる人もいるようです。査定額に納得できなければ断ることもできますが、わざわざ出張してもらったからという理由で買取を断れない状況だと感じている人も多いといいます。

店頭買取とは異なる出張買取のメリット・デメリットをしっかりと把握して、用途ごとに合った出張買取を行ないましょう。例えば、売りたいものが大量にある場合は出張買取をお願いして、数が少ない場合は店頭で買取してもらうなど。それぞれの特徴をふまえたうえで賢く利用していきたいですね。

出張買取で高く買い取ってもらうコツ

綺麗な状態にしておく

中古品ではなく例え新しいものでも、汚れや匂いがついているものは需要がありません。出張買取を依頼したら、査定当日までに売却希望品の手入れを入念に行ないましょう。また、箱や説明書、付属品などが揃った状態だと査定額に大きく関係します。なるべく買ったときのままを維持するように、丁寧な保管を心がけることも重要です。

数が多い場合はまとめ売り

一人暮らしから実家へ帰ったり、結婚後に新しい住居を構えたりすると、どうしても不要なものが出てきます。そんなときは、個別よりもまとめて査定に出すほうが買取額が高くつきやすいです。売りたいものが大量にある場合は、まとめて出張買取に出すと良いでしょう。

それ以外にも、業者とのやりとりで「先にこれだけお願いします。」と、他にもまだ在庫があると思わせることも高く買取してもらうコツ。そうすれば、ベストな査定額を掲示してくれますよ。

買取を依頼する際に言ってはいけないセリフ

  • レコードに関するうんちく
    レコード屋さんは、今までに何万枚ものレコードを査定し続けています。高く売れないレコードに対して「これは誰が演奏している名曲で」みたいな物言いをすると、「あ、この人レコードの相場が分からない人だな」と見抜かれてしまうでしょう。あえて何も言わない方が余計な詮索も入らないので、足元をすくわれることもありません。
  • 廃棄っぽい雰囲気を出さない
    いくら不要なものだといえ、「どうせいらないから」などの言葉は、絶対に買取業者に言ってはいけません。もしかしたらその中には、高額の値がつくお宝が眠っているかもしれないからです。