Record purchase navi どうやって売る?どこに売る?レコード買取ナビ

高額でレコード買取をしてもらうコツとは?おすすめ専門店を紹介

レコード高額買取ショップの査定額比較!口コミで評判がいい店舗!_HOME » 処分する前にチェック!賢く売るレコード買取術

処分する前にチェック!賢く売るレコード買取術

ネット上の体験談で、あるリサイクルショップで1枚50円で売っていたレコードを、専門店で10,000円で買い取ってもらったという話がありました。レコードのせどりを行っている人もいますし、一口に買取と言っても、価値の見極め方は業者によって大きく変わってきます。

ちょっと待って!処分するなら買取へ

レコードのイメージ画像見る人が見れば価値のあるものが処分品の中に紛れ込んでいるかもしれないのが中古レコード。そのまま処分してしまうのは非常にもったいないことです。では、高く売るためにはどうしたらいいのでしょうか。

デジタル化されていないレコードや、アナログレコードが主流だった時代に発売された限定品や名盤といわれるレコードの中には、骨董品のような価値のあるタイトルもありますので、古いレコードや多少コンディションが悪いものであってもそのまま処分せず、売却も検討するべきです。

デジタルが主流になる前に発売されたジャズやソウル、アニメなどのレコードの中には、こういったタイトルが見つかる傾向があります。

一方で、相場がかなり変わりやすいのも中古レコードの特徴です。

最近発売されたレコードであっても、生産量が少なかったり、人気があるタイトルは高値で売れる傾向にあります。ただし人気のタイトルや在庫の状況は常に変化しているので、いつ、どんなタイミングで価値が上がるかわかりづらく、株価のように売るタイミングによって値段が違うこともあります。

高額買取のためにできることとは?

それにプラスして商品そのもののコンディションもレコードの価格を左右します。たとえ音が飛んだりすることなく再生に問題がなくても、本体に傷があるものは高く売れないことがあります。ジャケットの帯がないもの、ジャケットの状態が悪いものなども高く売るのは難しいでしょう。しかもそれがレコードの価格にどんな影響があるのかは、買い手側の判断によって変わってきます

こうした背景があって、中古レコードを処分するのは勿体無いのですが、高く売るためにはコツも必要なのです。

リサイクルショップやオークションに専門店、レコードを売る方法はたくさんあるのですが、高く売るにはどんな方法が一番いいのでしょうか。また、高く売れるレコードとにはどんな傾向があるのでしょうか。高く売るためのコツをご紹介していきます。

レコードショップVSリサイクルショップ

思い出のレコードを手放す際、レコードショップとリサイクルショップのどちらに売るのがよいかを比較。それぞれメリットとデメリットを3点ずつ挙げ、各店舗で売ることの是非を検証していきます。

結論としては、レコードのみを売るのであれば、レコードショップで売るのがおすすめ。一方、レコード以外のアイテムも同時に売るという場合には、リサイクルショップに行くことで素早く対応してもらえます。

レコードショップVSオークション

思い出のレコードを手放す際、レコードショップで売るか、ネットオークションに出品するのとでは、どちらが高く売れるのかを比較。それぞれメリットとデメリットを数点ずつ挙げ、どちらで売るとよいかを検証しています。

自分の設定した値段で高く売りたいというのであれば、ネットオークションを利用するほうがおすすめ。ただし、必ず高額査定がかなうわけではないという点や落札者とのやり取りに応じなければならない点には注意しましょう。

ショップの選び方

数あるレコード店の中から、どのレコード店にもっていくと高額査定してもらえるか、そのポイントをまとめた記事です。

より納得できる価格での買取を目指すためには、熟練のスタッフがいるか、もしくは買取専用窓口があるかである程度判断できます。多数のレコードを一度に売りたい場合には、出張買取に応じてくれるところを選ぶとよいでしょう。もちろん、利用前には利用者の口コミを見ておくことも大切です。

高く売るために気を付けたいこと

手放すことを決めたレコードを、少しでも高く買い取ってもらうためのコツを紹介。「良いコンディションを保っておく」などの基本的な情報はもちろんのこと、希少性などや付属品の有無などの条件に付いてもまとめています。

そのほか、レコードを高値で売る方法として、レコード専門店やリサイクルショップでの売却、ネットオークションへの出品の3つの方法もピックアップ。それぞれメリット・デメリットがあるので、利用前に確認しておきましょう。

レコード以外もまとめて売る

レコードプレーヤーやスピーカー、アンプなどのオーディオ機器を、レコードの処分と一緒に売却してみてはいかがでしょうか?という記事です。

記事の中では、アナログレコードプレーヤー、スピーカー、アンプ、CDプレーヤー、ヘッドホンなどの高価買取事例をまとめています。またそのほか、オーディオ機器を処分する際、どのゴミに出せばよいか、どこで売ると高価買取してもらいやすいかというポイントについても紹介しています。

【コラム】買取処分時に気を付けたい事

レコードを買取処分してもらう際にとくに気を付けておくべきことである、個人情報の取り扱いに関するまとめ。

買取処分のときには、身分証明書を提示して個人情報を開示する必要があります。これは「古物営業法」によって定められているものであり盗難品の売買を未然に防ぐために一定の効果をもたらしています。とはいえ、大切な個人情報であるため、個人情報の取り扱いがしっかりと定められているレコード店で買取をお願いするようにしましょう。

買取できないレコードは?

レコードの買取をお願いした際、なかには値段がつかないものや引き取ってもらえないないことがあります。ここでは、買取してもらえないレコードがどのようなものなのかをご紹介。ほかにも買い取ってもらえなかったレコードがある場合、どのように処分すべきかチェックしておきましょう。

希少価値があるものでも、場合によっては値が付かないことも。とはいえ、まずは見てもらわなければわからないので、お近くのレコード店に問い合わせるようにしましょう。

宅配買取について

買い取ってもらいたいレコードが多くあり、一度にお店にもっていくことが難しい場合には、宅配買取を利用するのがおすすめ。お店によっては、申し込み後無料の梱包セットが送られてくることもありますが、多くの場合は自分で必要な書類を準備します。その後、段ボールなどに売却したレコードを梱包したうえで、宅配業者に集荷を依頼できるでしょう。送付したレコードはお店に到着後査定が行われ、後日自宅に結果が届くようになっています。

50代のレコードユーザー必見!レコード買取で高く売る方法

レコードの全盛期に音楽を楽しんで過ごした方が多い、50代のレコードユーザーに向けて、レコードの売却相場や売却相場などのご紹介。

レコードがたくさんあってお店に持っていけないという方のために、この記事の中では宅配買取の手順などをピックアップしました。宅配買取はレコードを業者に送って査定してもらうサービスであり、梱包の手間をかけず大量のレコードをお店にもっていく必要がないのがメリットです。断捨離などを計画している場合には、利用してみてはいかがでしょうか。